日本のITとネットワークを、いますぐ“スマート”に。
Home  >  Smart Japan Allianceについて  >  活動紹介

ワーキンググループ(WG)活動

会員企業は次の3つのWGのいずれかに参加し、それぞれ活発な活動を行っています。

●アプリケーションWG
  • ・マーケットやアプリケーションの選定
  • ・モデル概要仕様/機能の策定
テクニカルWG
  • ・モデルの開発、作成
  • ・運用モデル/デモの保守・メンテナンス
●マーケティングWG
  • ・プロモーションプラン策定
  • ・Web、カタログ、展示会

電力使用量の監視・管理モデル

―― SJA会員企業による実導入事例をリアルタイムでご覧いただけます ――

 スマートジャパンアライアンス(SJA)では、会員企業各社で策定した「電力・環境の監視・管理データの見える化」のモデルを、会員企業の一社であるJTBグループの(株)ICSコンベンションデザインに導入し、現在運用中です。
 本モデルは、同社の各フロアの分電盤にZigBeeモジュールと電力センサ/電力計を設置、ワイヤレスでゲートウェイに集約された電力使用量データは、クラウド経由でWebブラウザ上でモニタリングできるようになっています。
 同社では、節電目標の設定や節電トライアルイベントの実施など、本モデルを使った節電対策を進めていく計画です。

電力使用量の監視・管理モデル
SJA会員企業が構築・運用中


pagetop